編集者: 名無しさん 2016/11/19(土) 00:00:00.00 ID:CAP

スポンサーリンク


1..
マツダ、新型CX-5ディーゼル来年発売、EVやPHVも発売予定


マツダ、北米へEV・PHV トヨタと開発検討
記事の全文を読む

ネットの反応・評判・感想

29..
車種、増やし過ぎ。
マツダの販売力を超えている。
トヨタに売ってもらうのか?

2..
航続距離が問題だ

76..
>>2
航続距離も問題だけど、充電時間がもっと問題だ

3..
なんか凄い風呂敷広げてるけど大丈夫か。検討する、とか開発する、とか。
目処はついてるのかな。

51..
>>3
地道にデミオEVとか水素ロータリーEVとかいう分けわからんプレマシーリースしてたし基礎技術はあるんじゃね

5..
オープンカーでも大丈夫な所は電気でも大丈夫

7..
マツダは内燃機関終わったらついていけないだろうから今のうちにトヨタとくっつくのは悪くない

10..
>>7
で、内燃機関はいつ終了すんの?

36..
>>10
早くて10年後くらいじゃね?
最も早く内燃エンジン積んだ車の販売を禁止するのがオランダで2025年、ついでドイツが2030年。イギリス、フランスも続く事になるだろうけど年次までは決まってないね

37..
>>36
オランダは国内メーカーの保護政策に過ぎんよ

40..
>>36
ドイツは罰則のない目標。
どうせPHVはOKとか抜け穴作るよ。

47..
EVの心臓部はバッテリーなんよね。
これを見誤るとドエライことになる。
モーターとか安全装備なんかでも多少の差別化は出来るだろうが、んなもん微々たるもんよ。
とにかくバッテリーや。
バッテリーを改良できれば軽量化もできて、加速も伸びて、航続距離も伸びる。
良いことだらけ。
で、マツダに次世代バッテリー技術のノウハウはあんのか?と。
これがないメーカーはそのうちに、新興中華メーカーとの安売り合戦でドエライ目に合うのはいつものこと。

50..
>>47
バッテリー技術は自動車メーカーより電機メーカーのがノウハウあるよ、自動車メーカーは共同出資で工場作る程度。
その電機メーカーも高いバッテリー開発費と厳しい価格低減要求に音を上げて脱落多数。
それでも理不尽なZEV規制等に対応するためにEVを売らないと罰金。

8..
トヨタとの提携が1年遅くて間に合ってないなw
更に早く提携していれば今頃は水素ロータリーエンジン車を販売していただろう

9..
マツダは内燃機関にこだわるキリッ
嘘だったの?

11..
>>9
法律で定められた分は出さざるを得ないだろうな
ロータリー採用のレンジエクステンダー搭載してくるかな?

35..
アクア・ベースで開発してたEVを、デミオに載っけてマツダ・トヨタ両ブランドのをメキシコで生産かな
ロータリーエンジンのレンジエクステンダー搭載で大陸でも走れますってかな?

88..
マツダの実質子会社中国新聞の報道によればデミオEVみたいだな
マツダらしさを出す為にロータリーエンジンのレンジエクステンダー設定も検討中とか

13..
ロータリー水素で回して発電しないかな、EVによさそう

18..
>>13
コンセプトカー、試作車にはあって、一応販売(官公庁向けリース)はしてるけどね

23..
これからのアメリカは自動運転のEVが中心となっていくのかな?

28..
>>23
EUもEVに舵を切っているから、残るのは東南アジア市場とイスラム国だけかもよ。

39..
ガソリンが枯れたら別だが
今だとEV移行が進む→ガソリン価格下がる→ガソリン車お得、この流れになる可能性あるから
ガソリン車の需要も残る
規制で強制的にガソリン車排除でもしない限りね

49..
VWがダウンサイジングやめたってことはマツダが正しかったか。

85..
>>49
アメリカでは売れないからじゃね。
アメリカ人からしたら1.2リッター?ww
おもちゃかよwwって感じだろ。

86..
>>85
アメリカ人はピークパワーじゃなくて実用域のパワーを重視するからな
ピックアップトラックがディーゼル主流に移行しつつある要因だよ

90..
長期的な世界の流れは、もはや完全にEVなんだから、マツダの方針は間違ってないわな。
じっくりと次世代バッテリー技術開発で他の日本メーカーと協力しあってブレイクスルーを起こしたらええよ。
当分はディーゼルで踏ん張って堅実に利益を出して、将来のバッテリー開発資金を捻出すればいい。

30..
マツダがんばれ。
応援してるぞ!


コメントをピックアップ

長期的な世界の流れは、もはや完全にEVなんだから
というコメントが気になりました。(ダンディな意見、参考になります!(●´ω`●)

ですねー。
次は電気自動車の時代が来ますよね。